今人気のレーシック手術で視力回復

レーシック手術とは

レーシック手術とは目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術のことです。

近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的ですが、レーシック手術では角膜を矯正することにより正視の状態に近づけます。
これにより、裸眼視力を向上することができ、1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになりました。
レーシック手術


レーシック手術で失明したという症例は0件

レーシック先進国であるアメリカでは年間約130万件以上の人がレーシックを受けているそうです。

日本国内でも、レーシック手術を受ける人が増加傾向あり、既に55万件以上の症例があるようですが、レーシック手術で失明したという症例はいまだ報告されていません。
つまり、リスクの高い近眼手術でないことがわかります。


近視・遠視・乱視を矯正する画期的な眼科手術方法

レーシック手術は、高精度のレーザーで視力を矯正する視力回復手術方法です。
近視だけでなく、遠視や乱視も治療可能な画期的な眼科手術です。高い安全性と効果から近年注目を集め、全世界では毎年数百万人の方々がレーシックにより視力回復を実現しています。


レーシック手術の後遺症としてドライアイになるの可能性があります

レーシック手術後にドライアイが発症しやすいのは、屈折矯正で角膜を削る際に、角膜の知覚神経と上皮細胞がダメージを受けるためです。
しかし、ダメージを受けた知覚神経と上皮細胞は徐々に回復し、それにともなってドライアイの症状も治ってくるそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ